ユーザー登録
文字サイズ

広報いわみざわ 2020年9月号

新型コロナに負けない2

2/30

北海道岩見沢市

■事業者への支援
◆「新しい生活様式」対応事業者支援事業
新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済活動の両立に向け、〝新しい生活様式〟を実践するための設備などを導入する事業者に補助を行います。
対象:市内の中小企業者、特定非営利活動法人、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人
※個人農業者、医師、歯科医師、助産師、協同組合、医療・宗教・学校・農業・社会福祉法人、任意団体、介護・障がい福祉サービス事業者は対象外。
補助金額:総事業費(補助対象経費)10万円以上に対して一律10万円
※デリバリー・テイクアウト事業推進は総事業費2万円以上に対して2万円から10万円。
対象経費:
・感染防止対策設備
キャッシュレス決済機器、空気清浄機、発券機、消毒液生成器、サーマルカメラ、自動精算機の購入など
・デリバリー、テイクアウト事業推進
宅配・移動販売用車両の購入またはリース、予約システムの導入、ウェブサイトの作成・利用など
・テレワーク事業推進
ウェブ会議システムの導入、パソコン・タブレットおよび周辺機器(補助対象経費の計上は5万円が上限)の購入など
※消耗品、アクリル板などの少額備品、エアコンなどは対象外です。
受付期間:令和3年1月29日(金)まで(消印有効)
申請方法:次の必要書類を郵送で提出してください
・市ホームページからダウンロードまたは市役所本庁、北村・栗沢両支所、岩見沢商工会議所(1西1)、いわみざわ商工会(栗沢町本町11)で配布する申請書
・領収書の写し
・事業所に備品などを設置したことが分かる書類(写真可)
[小規模事業者等経営サポート給付金の申請者以外は下記の書類も提出が必要]
・事業所の実在を確認できる書類(法人:履歴事項全部証明書、個人:令和元年の確定申告書、開業届の写しなど)
・市内に事業所があることが分かる書類(パンフレット、チラシ、ホームページの写し、外観の写真など)

申請・問合先:
〒068-8686岩見沢市鳩が丘1丁目1番1号 岩見沢市経済部商工労政課

◆(拡充しました)小規模事業者等経営サポート給付金
対象:次の要件を全て満たす方(青字は変更点)
・市内に本社を有する法人または市内に在住する個人事業主(市内に店舗などを有すれば、市外の法人、個人事業主も可)
・令和2年3月31日までに創業した事業者
・中小企業者(一般社団・財団法人、公益社団・財団法人含む)
・新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年1月から12月までのうち、ひと月の売り上げが前年同月比で20%以上減少している事業者
・令和元年の売上が、宿泊業・飲食業においては20万円以上の者、その他の業種においては10万円以上の者(令和元年~令和2年3月までに創業した者を除く)
※個人農業者、医師、歯科医師、助産師、協同組合、医療・宗教・学校・農業・社会福祉法人、任意団体は対象外。介護・障がい福祉サービスを営む場合は医療法人、社会福祉法人でも対象となります。医師、歯科医師、医療法人は特別加算の対象となります。
給付額:
宿泊業・飲食業 30万円
それ以外の業種 20万円
受付期間:令和3年1月29日(金)まで(消印有効)
申請方法:次の必要書類を郵送で提出してください
・市ホームページからダウンロードまたは市役所本庁、北村・栗沢両支所、岩見沢商工会議所(1西1)、いわみざわ商工会(栗沢町本町11)で配布する申請書
・2019年分の確定申告書類の写し(月別売上表含む)
※月別売上表のない方は、年間売り上げを12で除した額を月額売り上げとします。
・2020年の減収月の事業収入額を示した帳簿などの写し
・通帳の写し(銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・口座名義が分かるもの)
・本人確認書類(個人事業主のみ)
・市内に店舗などがあることが分かる書類(市外の事業主のみ)

申請・問合先:
〒068-8686岩見沢市鳩が丘1丁目1番1号 岩見沢市経済部商工労政課

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階