ユーザー登録
文字サイズ

洪水情報をエリアメールで配信

6/31

北海道岩見沢市

近年、記録的な豪雨などにより、全国各地で洪水や土砂災害などが発生しています。また、気候変動の影響により、今後はますます洪水の発生頻度が高まることが予想されています。
そのため、5月1日(火)から、石狩川、幾春別川、夕張川の河川水位が〝氾濫危険水位〟に達し危険が迫っている時に、携帯電話やスマートフォンに〝エリアメール(緊急速報メール)〟で洪水情報が配信されます。

●エリアメール(緊急速報メール)とは
携帯電話事業者(NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンク(ワイモバイル含む))が無料で提供するサービスで、国や地方公共団体による災害・避難情報などを、回線混雑の影響なく、特定のエリア内の対応端末(携帯電話・スマートフォン)に一斉に配信するもの。

●対象となる河川と観測所、配信のタイミング

また、市は河川の水位に応じて避難情報を発令します。避難情報は、緊急告知FMラジオ、市メールサービス、市ホームページ、エリアメールなどでお知らせします。各情報を皆さんの伝えするイメージは次のとおりです。

○河川の水位による各情報の伝達イメージ
◎河川管理者(国)からの市民・地域の皆さんへの情報(エリアメールで伝達されます)
《河川の水位上昇》
・氾濫危険水位→洪水情報
・氾濫発生→洪水情報

◎市から市民・地域の皆さんへの避難情報(緊急告知FMラジオ、市メールサービス、市ホームページ、エリアメールなどで伝達されます)
《河川の水位上昇》
・避難判断水位→避難準備・高齢者等避難開始の発令
・氾濫危険水位→避難勧告の発令
・氾濫発生→避難指示の(緊急)の発令

「大きな河川が氾濫した場合、被害も大きくなりますので、早めに避難を開始してください」

●Jアラートの情報伝達訓練
緊急告知FMラジオを用いた、全国一斉の情報伝達訓練を実施します。訓練では、実際の緊急時と同様に、自動的に緊急告知FMラジオが起動して、情報を伝達します。また、岩見沢市メールサービスに登録されている方にはテストメールを送信します。
この訓練は、情報伝達訓練なので、実際に避難する必要はありません。
なお、エリアメール(緊急速報メール)は配信されません。
日時:5月16日(水) 午前11時
問合先:市防災対策室

Jアラートは、地震や津波、弾道ミサイル発射のような武力攻撃などの緊急情報を瞬時に伝えるシステムです。
市は、Jアラートと連動して緊急告知FMラジオと岩見沢市メールサービスで緊急情報をお伝えします。

問合先:市防災対策室

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル